虫歯じゃないのに歯が痛い?三叉神経痛や筋・筋膜性歯痛か

@ペイン日記

三叉神経痛

三叉神経痛とは―。静脈と動脈で痛みや症状が違う

投稿日:

三叉神経痛で二度の手術と入院を経験しました。

三叉神経痛とは顔や歯などの痛みであり、顔の皮膚や歯茎などにビリっと電気が走るように、瞬間的な痛みを感じるのが主な症状。

いわゆる電撃痛と呼ばれるやつで、痛みは数秒から数十秒の感覚で続き、一般的には突発性の痛みとして知られている。

一般的には、と書いたのは、僕の場合は違ったから( ;∀;)

三叉神経痛は神経を覆っているカバーのようなものが何らかの原因で外れ、剥き出しになった根元の神経に血管が接触することによって痛みが発生する。

つまり血管が神経を圧迫してる状態なんだよね。

ただし圧迫しているのが動脈か静脈かによって、その症状は異なる。

動脈とは太い血管で、血液を心臓から送り出す役割を持っている。静脈は細めの血管で、血液を心臓へ戻す役割を持っている。

ほとんどの場合は動脈が三叉神経を圧迫している事が多く、食事や洗顔、髭剃りや歯磨きなどによって痛みが誘発されることが多いとか。

でも僕の場合は静脈が複雑に絡んでいたというレアケースだった。

静脈による圧迫の場合は突発的な電撃痛ではなく、鈍くて重い押し潰されるような痛みが24時間続くという稀な症状もある。

僕の場合はこめかみがジンジンする疼痛もあった。

(三叉神経痛は、侵害受容性疼痛や神経障害性疼痛などと間違われることもあるので要注意!!医師に聞いてみましょう)

そして厄介なのは、脳神経外科の医師たちは三叉神経痛を突発的な電撃痛として認識しており、鈍い持続性の痛みというレアケースをあまり分かってないのが現状だということ。

病院選びと名医を探すことは、とっても重要だよ。

動脈の圧迫による三叉神経痛の場合は、通常の病院にあるMRI検査で分かることが多く、簡単に診断できるらしい。

しかし静脈による圧迫の場合はスライス幅が薄い特殊なMRIでないと白黒画像に写らない事が多く、診断が難しいみたい。ほんとに困るよね。

三叉神経を血管が圧迫している場合は、その血管と神経を引き離す必要がある。

これを頭部を切開して手術でやるわけだけど、医師いわく静脈が絡むケースの方が難しいんだとか。。でもリスクは動脈に比べて低いって言ってたな。

神経痛は目に見えない痛みなので、医師に症状を細かく伝えるのが大切!

-三叉神経痛
-, ,

Copyright© @ペイン日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.