虫歯じゃないのに歯が痛い?三叉神経痛や筋・筋膜性歯痛か

@ペイン日記

地獄日記

④神経を抜いたのに歯が痛い!なぜだ?

投稿日:

「神経を抜いた直後は、少し痛むことがある」

ふむふむ、なるほど。ネットで調べるとそんな感じの事が書いてあった。確か歯医者さんも同じような事を言ってたな。

でも1週間たっても2週間たっても良くなることはなかった。

ここである疑問を抱くようになる。

「神経がないのに、なぜ痛いと感じるんだ?」

結局は歯医者にカムバーック。また来たよ先生。

また来たのか、明らかに先生はそんな顔をしていた。だって仕方ないじゃないか、まだ歯が痛いんだから(;´Д`)

まだ痛いこと、そもそも神経を抜いたのになぜ痛いと感じるのかなど様々な疑問を投げかけると、先生はこう言った。

「神経って、全部は取れないんですよね」

えっ、そうなの?

どうやら、神経を抜いたと言っても根元の部分は僅かに残っているらしく、それで今も痛みを感じている可能性があるそうな。

なので限界まで除去できるように治療してみますとのこと。

それからは歯医者に通い続ける日々が始まった。

神経を完全に取るために歯を削っては痛み止めをもらい、また歯医者へと向かう生活。しかし痛みは少しずつ酷くなっていった。

そしてとうとう、先生もお手上げ宣言する日がやってきた。

これ以上は治療しようがない、原因も分からない、もうウチじゃどうしようもありませんと。事実上の敗北宣言ですな。

そこで〇〇中央病院という大きな病院を紹介してもらう事に。

そこの口腔外科なら原因を突き止めることができるかもしれないし、残った神経も完全に取れるかもしれないと先生は言う。

その時は知らなかったけど、口腔外科とは口の中の外科手術をするような科らしい。なんか想像するだけで恐ろしいよね。

でも痛みはひどくなる一方だし、このままだと日常生活にも支障が出る。

紹介してもらった病院へ行き、新しい先生にこれまでの経緯を簡単に説明する。

痛む場所、そしてどんな風に痛いのか、詳しく聞かれた。

痛いのは右上の奥歯。多分一番奥から2番目くらいの歯。ズキンズキンというよりは、押しつぶされるような鈍い痛み。鈍痛とでも言うのだろうか。

レントゲン検査でも異常はなく、歯ぎしりが原因では?と歯医者と同じことを言われる。

歯ぎしり?そんなはずはない。自覚だってないし、これまで生きてきた中で周りから指摘を受けたことも一度もない。

色々と診てもらった結果、じゃあ残った神経を除去してみましょう、ってことになった。えっと…それって手術ですか?切るんですか先生?

-地獄日記
-, ,

Copyright© @ペイン日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.