虫歯じゃないのに歯が痛い?三叉神経痛や筋・筋膜性歯痛か

@ペイン日記

筋・筋膜性歯痛

筋・筋膜性歯痛の症状とは。歯が痛い原因は筋肉の凝り

投稿日:

現在、筋・筋膜性歯痛の治療中。

僕の症状としては歯が痛い、それも虫歯のように痛むのではなく、奥歯の周辺が押し潰されるような鈍い痛みがずっと続いている。

筋・筋膜性歯痛は非定型歯痛や非歯原性歯痛などとも言われ、上顎や下顎の筋肉を酷使しすぎたことにより痛みを感じるらしい。

突発的な痛みではなく、重苦しい痛み、うずく痛みの症状が24時間続く。

耐えられないほどの激痛ではないけど、意外と地獄なんだよねコレ。

歯が痛いから、食事する時もちゃんと噛めない。僕は右上の奥歯が痛くて、最終的に歯の神経を抜いて抜歯もしちゃったんだけどね。。(;´Д`)

でも歯が原因ではないから、それで良くなることはない。

筋・筋膜性歯痛という病名にたどり着くまでに、多くの人が複数の病院を訪ね、数年間かけてやっとこの名前を知るんだとか。

僕の場合は三叉神経痛の症状もあったから少し複雑だったけれど、歯が原因ではない痛みの半分は筋筋膜性歯痛だそうで、若い人よりも年配の人、男性よりも女性が多いとのこと。

筋肉が凝り固まってスジが出来て、そこが原因で痛みを感じるようになる。

正確に言うと痛いのは顎や頬の筋肉なんだけど、歯と同じ神経を経由していることから「歯が痛い気がする」と脳が錯覚している状態なんだ。

だから歯医者に行っても「健康な歯ですよ」で終わっちゃう。

テレビなどでも紹介され少しずつ認知されてきたと言っても、まだまだ知らないお医者さんは多い。歯医者や口腔外科の医師も分かってない人が多い。

自分が筋・筋膜性歯痛かどうかの診断は簡単。

上顎や下顎の痛む部分(主に奥歯)の筋肉を指で押し、歯が痛いと感じればほぼ間違いない。痛む筋肉のしこり部分はトリガーポイントとも呼ばれる。

しこり部分をマッサージしたり温めたりして血流を良くすれば、痛みは少しずつ改善していくよ。お風呂に入った時には、痛みが少し和らぐはずだ。

筋・筋膜性歯痛は関連痛とも言われ、肩凝りや首の筋肉が原因で歯痛となることもあるので気を付けよう。

また、歯のくいしばりや歯ぎしりで症状が悪化することが多いので、できるだけ頬の筋肉を和らげる事を心がけよう。

マッサージは口の中からと外からの両方が効果的だよ。

-筋・筋膜性歯痛
-, ,

Copyright© @ペイン日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.