虫歯じゃないのに歯が痛い?三叉神経痛や筋・筋膜性歯痛か

@ペイン日記

入院生活について

入院に必要なもの、便利だったものランキング【2週間】

投稿日:

三叉神経痛で2週間ほど入院した経験から、入院時に必要なもの、実際に便利だったものをランキングしてみた。

ここでは印鑑や保険証、その他の入院手続き書類などは省くよ。

◆必要なものランキング

・1位…下着や着替え

当然だけど、下着の替えは必須。最近はコロナで面会も禁止の病院が多いから、多めに準備しておくのがいい。入院中は1日数百円で病院の着衣を貸してくれるから、それを着るのがオススメ。

私服は余計な荷物になるし、入院時と退院時くらいしか着る機会がない。寝巻やパジャマを持ってくる人もいるけど、個人的には必要ないと思う。そもそも手術した後とか体調悪くて着替えるのも一苦労だからね。

・2位…バスタオル

意外と知らない人が多いけど、小さいタオルだけでなくバスタオルも必要。これはお風呂用とは別で、全身麻酔などの手術後はベッドの上にバスタオルを敷くんだよね。

汚れないようにとか身体を動かしやすいようにとか理由は色々。枚数は2,3枚あれば十分かな。

・3位…歯磨きセット

入院中もお口の中は清潔に。マイ歯ブラシと、歯磨き粉がいる。大部屋だと部屋の中に共用の洗面台があるので、そこで歯磨きしよう。コップも持参だよ。

病院の夕食は夕方6時くらいで、消灯は夜9時。早いよね。あまり遅い時間に音をたてると同じ病室の人に迷惑をかけるので、消灯までには済ませておこう。

・4位…お風呂セット

主治医によって異なるが、お風呂は手術後2,3日目くらいから入れるようになる。介護がいらない一般の患者はシャワーだよ。

シャンプーとボディーソープ、必要な人はコンディショナーも。入浴後に身体を拭くバスタオルも忘れずに。

・5位…マスク

病院から貰えると思って失敗したのがこれ。マスクは自分で準備する必要がある。基本的に病院からマスクは支給されない。

入院部屋にいる時はいいけれど、部屋の外に出るときはマスクを付けてくださいって言われたりする。

・6位…クロックス

通常の靴とは別に、歩きやすい履物が必要。クロックスではなくサンダルやスリッパなどでもOK。ただし躓いて転ばない履物ね。

ベッドから出るたびに靴を履いてたら面倒だし大変。スニーカーだけしか持ってってなかった、なんて人は痛い目に遭う。

・7位…ビニール袋・エコバッグ

下着や着替えなどを入れておくためのビニール袋、エコバッグなどが必要。

新型コロナウイルスで面会も禁止の病院が多いので、持って帰ってもらう事ができない。ニオイが気になる人は、消臭剤や消臭スプレーなどを使うのもよし。

—————————————————-

◆便利なものランキング

・1位…イヤホン

ダントツで便利だったものがコレ。各ベッドにテレビはある。でも大部屋だとイヤホンを付けないと音無しで見ないといけない。

スマホで動画を見たりゲームしたりするのも、イヤホンは必須。基本的に他の患者もいる大部屋では音を出すことはマナー違反だからね。

・2位…枕

準備してなくて、個人的にきつかったのが枕。もちろん病室に枕はあるが、病院の寝心地の悪さを舐めてはいけない(笑)

肩こりや片頭痛のある人、普段から枕の高さが気になる人は自分で持参していこう。2週間も入院すれば、睡眠の質を大きく左右することになる。

・3位…マイコップ

歯磨き用とは別で、あったら便利なものがマイコップ。

入院病棟の各階にはセルフで飲めるお茶サーバー(無料)があるので、とても助かる。ジュースが飲みたい人は病棟内の自販機で購入できる。

・4位…ティッシュ

ベッドの側に置いときたいのがティッシュ。食事の時や手が汚れた時など、何かと使うシーンが登場してくる。

売店でも売ってるが、コロナ対策で入院患者は売店に行けない事が多いので、できれば入院前に準備しておきたい。

・5位…洗剤

2週間くらいの入院となってくると、下着などの洗濯物もたまってくる。

病院によってはコインランドリーが設置されている所もあるので、100均などで小分けされた洗剤を購入しておくと役に立つ。100円玉を入れて洗濯や乾燥などができるので、小銭も準備しておこう。

・6位…スタンド型の鏡

なくても困らないが、あったら役に立つのが鏡。

洗面台にも鏡はあるが、体調が悪い時はそこまで歩いていきたくない。朝起きた時など、近くに鏡を置いておくと何かと便利。

・7位…いびき防止グッズ

大部屋だと、いびきがうるさい人は迷惑がられる。

鼻づまり解消など、薬局で色々といびき防止グッズを売ってるので気になる人は準備しておこう。仰向けでなく横向きで寝るのも防止のコツ。

—————————————————-

とここまで、自らが入院した体験をもとにまとめてみた。

あとは女性の視点で言えば、ドライヤーや保湿クリームなども必要かもしれない。冷え性の女性の場合は、靴下や上に羽織る物があれば役立つはず。

基本的に大部屋の設定温度は自分で変えたりしない。冬の通路は暖房が効いてなくて寒かったり、逆に夏は冷房が効きすぎてる病棟もあるからね。

-入院生活について
-, ,

Copyright© @ペイン日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.