超電子な世界にもぎたての果実を

もぎゅっと革命

「政治ネタ・時事ネタ」 一覧

金正恩のホワイトハウス日程はいつ?米朝首脳会談とトランプ

なんと3度目の米朝首脳会談が実現しました。そしてトランプ大統は、金正恩をホワイトハウスへ招待。 実際の日程はいつになるんでしょうか?いや~~、歴史が変わるかもしれませんねホント。

メルケル首相の震えの原因は?本当は病気では…脱水症状なの?

最近、健康状態が不安視されている、ドイツの首相。6月18日に続いて27日にも 『体の震え』の症状 が出たようです。震える原因は何でしょうか?本当は病気のような気もしますが…脱水症状だと報道されてますが、なぜか水を断っています。

市井紗耶香はなぜ立憲民主党?立候補の理由が気になる【参院選】

元モーニング娘だった市井紗耶香さんが、参院選への出馬を表明しました。えっ、なぜ立憲民主党?立候補した理由 が気になります。近くに会見を開くとのことなので、そのワケも話してくれるんでしようが…

アメリカとイラン戦争で日本への影響は?今後の株価や為替はどう動く?

「イランへの攻撃は差し迫っている」 とトランプ大統領が発言。
こ、怖すぎます。。もしアメリカが戦争したら日本にどんな影響があるんでしょうか?きっと 株価や為替も大きく変動 するんでしょうね…今後、本当に戦争になるのかその確率も予想(勝手にw)しました。

【新潟地震】震度6強は本震?余震の可能性は?人工地震のデマも注意

新潟県村上市で震度6強の地震が発生。これが本震なのか前震なのか分からず、今後も余震に警戒が必要とのこと。気象庁は 「1週間以内はとくに注意」 と呼び掛けています。また 「これは人工地震だ」 というデマも拡散しているようなので要注意です。

古瀬巡査、東海大学での実績やポジションは?名前や出身地・経歴など

襲撃された古瀬巡査は佐賀工業を卒業後、東海大学のラグビー部へ。 大学での実績やポジションなどを調べてみました。また古瀬巡査の名前や経歴、出身地なども明らかになりました。

奥田愛基は在日韓国人?国籍や高校、父親など調べてみた【SEALDs】

奥田愛基さんに殺害予告…ですか。 安保法案に反対して国会前でデモも開催していた【SEALDs】の中心メンバー。奥田愛基さんは現在、大学生のようですね。彼は在日韓国人ではとの声も出ていて、国籍や高校、父親などについて調べてみました。(※過去記事の再アップになります)

義家弘介の嫁は高校を中退した教え子。子供の小学校は名門私立

文部科学副大臣に就任した、「ヤンキー先生」こと義家弘介さん。テレビで少し見た事があるぐらいであまり知らなかったんですが、現在の嫁は高校の教え子だったんだとか…そして子供は名門私立の小学校に通っているそうで、今の教育現場にも不満があるようです。

中国大気汚染の原因と日本への影響。深刻な現状と海外の反応

中国大気汚染の現状が、ヤバすぎです。その原因は石炭から排出される有害物質が主とされていますが、事態は深刻で、1日に死者が4千人も出ていることが明らかになりました。 中国大気汚染による日本への影響と、海外の反応をご紹介します。

ギリシャ公務員の割合は?年金・待遇・給料がデフォルト危機の引き金か

公務員天国ギリシャ。デフォルト危機を誘発したのは、公務員の破格な待遇だとも言われています。ギリシャで公務員の割合はどのくらいなのでしょうか? 待遇・年金・給料など、その実態についてお伝えします。

シリア移民のなぜ。難民がドイツ・ハンガリーを目指す理由とは…

シリアの内戦から逃れてきた男児・アイラン君。 子供の写真に世界が衝撃を受けましたが、現在でもシリアからの移民・難民がドイツやハンガリーを目指し続けています。 なぜ、彼らはこのような事態になっているのでしょうか?

ドイツ移民の割合は?治安や生活・仕事の問題…国民の反応は反対

シリア難民だった男児が海岸で発見され、1枚の写真が火をつけた移民問題―。 ドイツで移民が占める割合は、人口のどのくらいでしょうか?治安や生活、仕事の問題など様々な影響が出てきています。 ドイツ国民たちの反応は「受け入れ反対」が多数。その実態とは。。

鳩山元首相は国家反逆罪?訪中を重ね、ついにAIIBの顧問に

「政界を引退し、第三の人生を歩みたいー」。そう語っていた鳩山元首相(鳩山由紀夫氏)が、なんとアジアインフラ投資銀行(AIIB)の顧問に…このニュースに「国家反逆罪だ」との声も。。中国主導で沈むAIIBは、日本を巻き込もうとしているようです。

オバマとトランプの違いは?その差を比較してみた…大統領としての評価

米大統領選が終了し、「恐怖のホワイトハウス」とまで報道されたトランプ大統領の就任。現在のオバマ大統領との違いと差を比較してみました。アメリカのリーダーとしての評価も様々…歴史的にも大きな転換点となることでしょう。

トランプ大統領の誕生は日本軍事化への布石か【特別コラム】

日本の自衛隊が軍隊となりいずれ中国と戦争へ…ドナルドトランプ大統領の誕生は日本・軍事化への布石だとの見方もあるようです。経済や安全保障などあらゆる分野で影響が出ると言われているトランプ氏。今回は番外編の【特別コラム】の掲載となります。

Copyright© もぎゅっと革命 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.