超電子な世界にもぎたての果実を

もぎゅっと革命

トランプ来日2019

【2019】羽田空港にエアフォースワン!トランプ来日でマリーンワンも

更新日:

2019年のトランプ大統領の来日で、羽田空港に大統領専用機「エアフォースワン」がやってきます。

きっと撮影などで混雑するでしょうね~。ちなみに日本国内で移動に使うマリーンワンは、すでに運び込まれた模様です。

羽田空港にエアフォースワン

エアフォースワン、ナイキの靴じゃありませんよ、飛行機のほうです。映画でもありましたよね?ハリソン・フォードのやつ。。

さあ、2017年の訪日では横田基地に舞い降りたトランプ大統領ですが、2019年は羽田空港へやってきそうです。

今回の来日は国賓扱い。日米にとってもビッグイベントなわけですが、やっぱ一度は生で見てみたいですよね~。

※5/25 追記:午後5時過ぎ、羽田空港へ到着しました。

日本の国旗が見えますね。

エアフォースワンの撮影で混雑か

ちなみに到着予定は5月25日の夕方とのこと。そこらじゅうで交通規制があるようなので、車ではたどり着けないかもしれません。

オバマ前大統領の時もそうでしたが、かなり混雑してましたね。到着時刻の数時間前からターミナルや外には撮影組でいっぱい…人で溢れてました。

ちなみにこれは2017年11月の横田基地での着陸動画。

1025hidekiより

いや、迫力ありすぎww テレビの報道で見るのとまた違いますね。

RUNWAY FUN [Aviation & Military & plus]より

前回の横田基地とは違い、今回は羽田空港なので、撮影の人、見に来た人、たまたま観光の人、マスコミの人などなど、ごった返しそうです。

いつもですけど、到着時間を過ぎてもなかなか降りてこないんですよね~。やっぱシークレットサービスとかが周辺を確認してるんでしょうか。

最近、シークレットサービスって言葉を覚えたので、無意味に乱発して使ってます、すいません言ってみたいだけですww

エアフォースワンのスペック

エアフォースワンは大統領専用機として有名ですが、その装備とスペックはもはや飛行機のレベルではありません。

しかも「エアフォースワン」って大統領が登場した時に米国空軍が使用するコールサインの事で、副大統領の場合は「エアフォースツー」と呼ぶらしいです。

機体はボーイング製のジャンボ機「747-200B」をベースに改良されたVC-25で、機内の定員は100人程度とのこと。

核攻撃を想定した電磁パルス(EMP)に対する防御壁の他、対空ミサイルや赤外線誘導ミサイルを妨害するIRジャマーなどを装備。

なんだかよく分かりませんが「防御力が高いですよ」ってこと?空中給油受油装置や収納式タラップも完備し、機内にはオペができる手術室もあるとか!

知らなかったんですけど、大統領専用機って同じ機体が2機あって、バックアップ用として副大統領が乗った飛行機が一緒に飛んでるらしいです。

ちなみに現在のエアフォースワンは2020年に寿命を迎えるらしく、トランプ大統領ができるだけ安いコストで別機の改修を急いでるそうです。

日本国内移動はマリーンワン

2019年のトランプさん来日に先駆け、羽田空港にやってきたのが「マリーンワン」。

やはりこれもアメリカ海兵隊が使用するコールサインとのことで、実際の機種はVH-3DシーキングとVH-60N プレジデントホーク。

なんだか難しい名前ですが、予備機に海兵隊の武装兵を乗せて飛行することで、大統領が乗っているヘリを特定されないようにしてるそうです。

これは日本国内を移動する『足』となるヘリコプターで、5月22日に前乗りで運ばれてきました。ちなみに車での移動は『ビースト』ですね。

【2019】トランプ大統領の来日でビーストの車列は?

安倍首相と勝負するゴルフ場にも、このマリーンワンで向かうそうですよ。

トランプ大統領 来日2019!ゴルフ場の場所は?

-トランプ来日2019

Copyright© もぎゅっと革命 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.