超電子な世界にもぎたての果実を

もぎゅっと革命

ドラマや映画など

パーフェクトワールド ドラマの感想。車いすの彼との恋愛は

投稿日:

松坂桃李さんと山本美月さんのドラマ『パーフェクトワールド』。

結論から言うと感動したし面白かった。こんな本気の恋愛ドラマって久しぶりだなってのが感想です。

事故で車いす生活になった彼との恋愛は、現実的に甘くないですよね。

パーフェクトワールド ドラマの感想

これまでの『なんちゃって恋愛ドラマ』とは違い、久々に本気度が伝わる恋愛ドラマですね。お二人の演技も素晴らしい。

もちろん、美男美女が演じてるからってのはありますが、ストーリーも面白いし、共感が持てる内容だと思います。

事故で車いす生活になってしまった、鮎川を演じる松坂桃李さんに対してどう接すればいいのか…「え、手伝った方がいいのかな?」など多くの人が山本美月さんと同じ気持ちになったのでは…

下半身の感覚がマヒすることにより、尿や大便を漏らしてしまうという事態に、自分だったらどう対応するのか…相手の事が好きかどうかでも変わってきますよね。

このパーフェクトワールドって、川奈が高校時代からずっと好きだったという設定があるからあんな出会いになってますが、そうじゃなかったら成り立ちませんよね。

「障がい者で車いすの彼を好きになる」じゃなくて、「ずっと好きだった彼が車いすに―」のほうを原作者が選んだのは、きっと何か伝えたい意味があるんだと推測('ω')ノ。

『リアル』でも車いすバスケを

パーフェクトワールドでは高校時代にバスケをしていた鮎川が、昔のようにまたバスケットを始めていきます。

同じような内容で『リアル』っていう漫画があるんですが、こちらも事故で両足が動かなくなった男子が車いすバスケに挑戦していく…という話でした。

リアルはあの『スラムダンク』を描いた井上雄彦先生の作品です。こちらでは恋愛要素がほぼなかったので、女性ウケはしませんでしたね。

ビューティフルライフのドラマも

美容師役のキムタクと車いすの常盤貴子さんの恋愛を描いた『ビューティフルライフ』のドラマも大ヒットしましたね。

名作として語り継がれていますが、個人的にはどうも。。。なんかキムタクのゴリ押し感が強くて、「感動させようとしている」感がハンパなかったのを覚えています。

パーフェクトワールドの評価は?

障がい者との彼氏と付き合うって、綺麗ごとなんか言ってる場合じゃなくてガチで大変だと思うんです。偏見とかもあるし、ちゃんと理解したつもりでも実際にその場面に遭遇すると動けなかったりとか。。

ドラマ『パーフェクトワールド』の評価自体は上々。

原作の漫画や映画化なんかもされてるのでファンが多いのも事実ですが、やはり障がい者との恋愛という部分に突っ込んで描いてるので、そこは興味深いですね。

ドラマを見てて「そうだよな」と思った部分は、居酒屋で皆が集まっているときに酔っ払い?が絡んできて、「車いすがジャマだ、障がい者だからって特別扱いしろってのか?」と言ったシーン。

ホントそうなんですよね。車いすの人を気遣うあまり、知らないうちに「特別扱い」してる人っていると思うんです。

でもドラマでもあってたように、障がい者の人は特別扱いされたり同情されたりすることで傷付き、屈辱を受けたりするんですよね~。まさに、それこそ差別ですよね。

あっ、言っておきますけど、居酒屋で絡んできたクズたちを正当化してるワケじゃありませんよ断じて!!ヤツラの言い方は問題あり過ぎですから。

パーフェクトワールドの感想…視聴率が悪くても、今後も支持されていく名作になると思います!!('ω')ノ

-ドラマや映画など

Copyright© もぎゅっと革命 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.