超電子な世界にもぎたての果実を

もぎゅっと革命

雑学とエンタメ

ガソリンのランプ点灯…何キロ走れる?いつ止まるのか

更新日:

えっ、マジ?山の中でガソリンランプが点灯…ガス欠で止まるのも時間の問題か!って瞬間ありますよね。そんなとき何キロ走れるか、知ってますか?

知ってるのと知らないのでは大違いなので、これを機にぜひ覚えてくださいね。本当に停止したらJAFを呼ばないといけなくなりますよww

ガソリンのランプ点灯

旅行にいったけどガソリンスタンドが見当たらない、見知らぬ土地で迷子になってしまった、ガソリンのランプが光っててヤバい!!

車を運転していると、誰でも一度は経験したことがあると思います。余裕もって入れていたつもりでも、いつのもにか…ってこともありますし。

そんなとき怖いのが給油ランプの点灯。でも焦らないで、日本車であればその時点で10リットルくらいはまだタンクの中に入っています。

車種によっても違うので一概には言えませんが、日本車の安全基準で「残り10リットルくらいになったら給油ランプがつく」って決められているようです。(外国車は対象外なので注意!!)

いったい何キロ走れる?

とりあえず10リットルあるのは分かった、じゃあそこから、実際に何キロ走れる?ってなるんですが、およそ30km~70kmくらいでしょうか。

運転の仕方や燃費にもよりますから、だいだい50kmくらいと考えていれば大丈夫かと思います。排気量の多いセダンなのか、プリウスや軽自動車など燃費のいい車かによって生死の分かれ目が決まってきます。

ガソリンランプが点灯しても50kmは大丈夫、と油断しないこと。

例えば高速道路など信号やブレーキがなければある程度持つかもしれませんが、渋滞や街中を走っているときは思わぬ場面でガソリンを消費することになります。

急発進や急ブレーキもよくありませんし、暖房や冷房なども燃費を食う原因の一つ。エンジンオイルをこまめに替えているかによっても変わってきますからね。

こういった情報を知らないでそのまま運転していれば、いつ止まるのかとヒヤヒヤしながら運転しなければなりませんし、最悪はJAFを呼ばないといけなくなり。。。

JAFやロードサービスは会員に入っていればいいのですが、そうでない人が利用するとけっこう割高な金額を支払うことになるのでお財布に優しくありません( ;∀;)

ぜひ友人にも、何キロ走れるのか教えてあげましょう!

-雑学とエンタメ

Copyright© もぎゅっと革命 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.