超電子な世界にもぎたての果実を

もぎゅっと革命

子育てと家族

妹や弟の結婚式で挨拶・お酌って必要なの?マナーについて

投稿日:

最近の披露宴は、昔に比べ割と自由になってきていて、マナーも随分と変わってきています。

妹や弟の結婚式の場合、兄や姉の挨拶・お酌周りって必要なのでしょうか?意外と面倒なんですよねコレ。

妹や弟の結婚式・披露宴

今回は、妹や弟の結婚式・披露宴の場合です。

親族って、意外とのんびりしてられないんですよね。家族の中でも両親は大忙しだし…じぁあ兄や姉の立場だったらどうなの?って話。

挨拶やお酌まわりっていうのは、各テーブル席を順番にまわって「新郎(新婦)の兄(姉)です。妹・弟がお世話になってます。今後ともよろしくお願い致します」みたいなヤツ。

ああっ!!(;´Д`)。人見知りな人からすれば考えただけで鳥肌もんですよね。しかも全テーブルなんかまわると、人数が多ければ『それだけで結婚式が終了』みたいなパターンも。。

挨拶やお酌まわりって必要なの?

結論から言うと「できればした方がいい、でもしなくてもよい」です。

最近では披露宴とか自由なスタイルに変化してきて、昔ながらの慣習とかマナーとかって絶対ではなくなってきています。

ただ、全てのテーブルでなくとも最低限の席はまわるといいかもしれません。相手方の親族や親友、会社の社長さんなど、そのへんで充分だと思います。

とくに相手の両親や親族の場合は「アイツは挨拶にも来やせん、マナーがなっとらんじゃないか!」なんて昔世代の頑固な人も多いので、気を付けておきましょう。

お酌する時は相手が何を飲んでいるかもチェックすること。パニックになってワインを飲んでるグラスにビールを注がないようにww

そして必ず新郎新婦(弟か妹)との関係を明らかにすること。いきなり席に行っても「えっ誰??」となるので注意が必要です。

ちなみに結婚式に着ていく服装は、お兄さんなら普通のスーツでOK。

お姉さんであればスタンダードな着物か、一般的なパーティードレスで大丈夫。ですが過度に露出した服装や、ウエディングドレスより目立つものは避けましょう。

-子育てと家族

Copyright© もぎゅっと革命 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.