超電子な世界にもぎたての果実を

もぎゅっと革命

新社会人に必要なもの

転職すると給料が下がるという悲しい現実を考えてみた件

投稿日:

日本の就職活動って、色々と不思議な世界で溢れていますよね。

過去には氷河期時代なんて言われ、現在は売り手市場とか言われ、なんだか翻弄される学生たちですが、転職すると給料が下がるのはなぜなんでしょうか?

経験も知識も増えるのに、給料が減るという不思議…

転職で給料が激減する?

日本に資本主義が広がり、昔ながらの終身雇用は終了。それがいいかどうかは別として、日本で転職するのって勇気いりますよね?

もう、崖から飛び降りるくらいの気持ちで。いや冗談抜きで、結婚してて子供がいて自宅のローンがあって、そんな状態で仕事を変えるのってある意味『賭け』みたいなところがあります。

家族があろうが独身であろうが、共通している事は『転職すれば給料が下がる可能性が高い』ってこと。

日本の悲しい転職制度

全くの畑違いの業種ならともかく、同じ業種であれば経験とか活かせるだろうし、違う会社の視点というのも知ってるワケなので有利だと思います。

でもなぜか、給料が減ってしまうという悲しい現実があります。。

もちろん転職する理由によっても異なるはずです。人間関係が嫌で辞めた、ブラック企業だった、給与や待遇に満足してなかった…でも、違う会社でスキルアップを目指す人だっていると思うんです。

でも日本だと有無を言わさず『転職するヤツは仕事ができない』『転職するという事は、何か良くないことがあるはずだ』という暗黙の心理があるような…

面接で『どうしてこの会社に来たか』よりも『どうして今の勤め先を辞めたか』の方が最初に聞かれるのも、独特な日本人社会の感性なのかと考えてしまいます。

アメリカのスキルアップ

欧米諸国、とくにアメリカでは転職して新たにスキルアップしていく事は当然だと考えられていて、『転職=ダメ人間』みたいな感覚はありません。

職種にもよりますが、自分のスキルを磨くために会社を変えていくスタイルは自然なこと…これは学校の教育でも同じことが言えそうです(あれっ、アメリカ映画の見過ぎかな??)('ω')ノ。

アメリカではアットウィル雇用(会社側が理由なくいつでも解雇できること)を取り入れている企業が多いので、働く側は自分が需要に対応できる人材であるよう、専門分野をより深めていきます。

あと知らなかったんですが、米国では面接で以前の職場の給与額を尋ねるのは違法だとか。。日本だと普通に聞いてくる面接官もいますねww

とにかくまとめ

日本の場合は、未だに終身雇用の幻想みたいなのが残ってて、採用する側も中途採用で「ウチの新卒の給料はこれぐらいだから、中途だとこんなもんか…」という感じで決めているのかな~~と考えてしまいました。

単純に外国と比較する事はできないにしろ、もう少し、転職者に優しければ…

でないと、いつまで経っても「この会社を辞めたら働く場所がないかも」とか「違う企業でスキルアップを図りたいけど、やっぱやめとこう」という現実がなくなりません。

転職すると給料が下がるという現実は、ガチで悲しいです。。((;´Д`)

-新社会人に必要なもの

Copyright© もぎゅっと革命 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.