超電子な世界にもぎたての果実を

もぎゅっと革命

政治ネタ・時事ネタ

N国民党とは?立花孝志のプロフィールとマツコ出待ちの理由

更新日:

スポンサーリンク

2019年の参院選で彗星のごとく当選した『N国党』。

 N国民党とは、どんな政党なのでしょうか?代表の立花孝志氏のプロフィールや経歴をまとめました。 

マツコ・デラックスとバトルになった事も話題になりましたね。

N国党、N国民党とは?

最近ニュースを騒がせている新政党。

正式な名称は『NHKから国民を守る党』。「NHKをぶっ壊す」をキーワードに当選し、2019年8月13日、正式に国政政党として発足しました。

 N国民党とは、立花孝志氏がNHKから国民を守るために作られた政党であり、不正に受信料を搾取しようとするNHKと戦っているようです。 

NHKのスクランブル放送化など色々と発言をしてますが、受信料を取るな、と言ってるわけではなさそうです。

要は番組を見てる人は受信料を払う、見ない人は払わないという、実にシンプルな内容で、国民が選択できるようにしろ、ということ。

同党の党員は計31人。参院議員の立花孝志党首と丸山穂高衆院議員と地方議員28人、党の幹事長兼選対委員長に就いたジャーナリストの上杉隆氏。

党本部は千葉県船橋市に置く。同日に東京都内で記者会見した立花氏は「次期衆院選に積極的に候補者を擁立していく。東京都知事選も何らかの挑戦をさせていただく」と説明した。

N国が国政政党として発足 総務省に届け出

丸山穂高議員の名前もありますね。保守的な政治家として知られていましたが、北方領土に関する『戦争発言』で維新を除名され、合流したようです。

現在のN国党(N国民党)は渡辺喜美氏(みんなの党)とも会派を結成することを発表してましたね。政策実現のために、とにかく人数を増やしていく戦略のようです。

立花孝志のプロフィール

NHKから国民を守る党の党首、立花孝志氏のプロフィールを見てみましょう。

彼は元NHK職員であり元パチプロでもある、異色の経歴の持ち主です。最終学歴は大阪府立信太高等学校を卒業。

◆1986年4月、日本放送協会(NHK)に入局。

◆2005年4月、週刊文春でNHKの不正経理を内部告発。7月に不正経理で懲戒処分を受けNHKを依願退職する。

◆2013年6月、政治団体「NHKから国民を守る党」を設立する。

◆2015年4月、千葉県船橋市議会議員選挙に立候補し、2622票で当選を果たす。

◆2017年11月、東京都葛飾区議会議員選挙で、2954票で当選。

内部告発をした者に制裁が下るのは、相変わらずの構図ですよね~。NHKからしたら『邪魔者』な存在だったのでしょう。

他にも市議会選挙や東京都議会議員選挙などにも立候補してますが、ここでは割愛。けっこう落選して頑張ってきた歴史があります。

 そして突出すべきは、Youtube動画を活用してここまで影響力を拡大させたこと。 

立花ユーチューブのチャンネル登録者数は、参院選前までは16万人前後だったのに、選挙当選後に急増。

2019年8月13日現在、38万人もの登録者がいて、今後もどんどん増えていくと思われます。

もしこれが100万人までいったら…これって凄い事だと思いません??

テレビだとマスコミの印象操作がやりたい放題。切り取りで都合のいいように報道されたりしますが、ユーチューブだと違います。

N国党(N国民党)の政策や考え方を有権者に直接訴えることが可能になるので、きっと他の政党たちは脅威を感じていることでしょう。

政治家でもありYouTuberでもある立花孝志氏。

最近ではマツコ・デラックスとのバトルも注目を集めましたね。

マツコ・デラックスを出待ち

マツコさんが出演している情報番組「5時に夢中!」にて、N国党(N国民党)のことを「気持ち悪い人たち」「ふざけて入れた人も相当いると思う」「宗教的」と発言したことに激怒。

 生放送中のMXのスタジオ前を訪れ「投票した有権者をばかにするな!」と大声で演説を繰り広げたとか。。 

立花氏はマツコが出てくるのを待ち構えたが、15分ほどたつと、支援者や報道陣に「私に情報をくれている番組スタッフから連絡が入った。

マツコがパニックになり、番組を降りると言っている。弱っている人をいじめたくはない」と説明。「来週も出るようならまた来る」と言い“直接対決”しないまま引き揚げた。

立花N国党首、マツコをぶっ壊す!生放送中のスタジオ前で大演説

この件でネットでも『マツコ派』と『立花派』に分かれ、様々な意見が飛び交っていました。

逆に、立花孝志氏を批判するつぶやきも多くありました。人間性がどうとか、頭おかしいとか、そんな感じだったと思います。

今のところ、マツコさんは沈黙を保ったままのようですね。

『NHKから国民を守る党』はあくまでも「NHKをぶっ壊す」ための政党。目的が達成されれば、党は解体、議員を引退すると本人が宣言しています。

 このマツコさんとの争いは、N国党(N国民党)に注目を集める狙いや、怒らせると怖いぞ的な、他の野党やメディアたちへのアピールもあるのかも… 

また「5時に夢中!」に出演して持論を展開するチャンスをうかがってるとも考えられます。トランプ大統領と似ていて、中身は意外と戦略家なのかもしれませんね。

ちなみに「靖国神社についての知識があまりに乏しいので勉強してくる」と参拝する意向も示しています。

また憲法改正には反対ですが、「安倍政権がNHKのスクランブル放送の実現をするのなら賛成する」と発言。

自らの政策実現のために手段を選ばない――。いい悪いは別問題として、強い芯を持った人物でもあるようです。

◆NHKを内部告発?立花孝志がN国党を結成した理由とは…

あと、娘さんが可愛いらしいですよ('ω')ノ

スポンサーリンク

-政治ネタ・時事ネタ

Copyright© もぎゅっと革命 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.