超電子な世界にもぎたての果実を

もぎゅっと革命

特別寄稿コラム

ブログは稼げない!ブロガーの終焉と熱き動画時代

投稿日:

どうしてアクセスが集まらないんだ?と嘆くブロガーたち…そう、まさにブログは稼げない時代へと変化しています。

数年前に比べ、ブログだけで生活している人は大幅に減少しました。その代わりに登場してきたのが、動画だったのです。

※今回は特別寄稿コラムになります。

ブログは稼げない!

ひと昔前は、誰でもブログや新規サイトを立ち上げればそれなりの収入を確保できたものです。

人によって金額は差があるにせよ、広告収入によって報酬が発生し、会社員の副業としても注目を集めていました。しかしそれは昔の話。

現在では飽和状態を通り越し、もはや衰退期へと突入しています。

初心者が気軽に始めることができた副業とは違い、今では『一部の人』にしかできない難しいビジネスへと変化したのですが、そこにはグーグルを頂点とする検索エンジンの概念と、SNSや動画コンテンツの需要が関係しています。

ブログは必要なくなった

誤解がないように言えば、現在でもブログで稼いでいる人はいるし、今後もなくなることはないと思います。

しかしそれは専門性が高く、検索結果にないようなオリジナルのコンテンツを持っている場合のみで、『個人がちょっと調べて書いてみました』みたいな記事は必要とされなくなっているのです。

グーグルの検索エンジンは、似たようなコンテンツを検索結果に表示しないような仕様へと変更しました。つまり、コピペではなくオリジナルの文章であっても、『すでに存在するものはいらない』と言う事です。

検索エンジンが求めているのは、独自ニュースなどの『一次情報』と『専門家のような記事』であり、それに付随するような二次情報や感想などは、必要とされません。

以前は調べたいことがあれば検索して調べるのが主流でしたが、現在は違います。調べたいことはツイッターなどSNSで調べるのが主流です。

そうなってくると当然、グーグル・ヤフーなどの検索エンジンの存在意義が変わってきます。「誰も使ってくれない」なんて事にならないように、日々仕様が変化しています。

動画コンテンツが主流となる

ネット時代が始まって以降、大きな節目となりつつある現在。

Youtubeなどの動画コンテンツが若者を魅了し、Youtuberなる人達が出現しました。スマホでも動画を視聴する時間が圧倒的に多く、企業も動画を活用したビジネスに力を注いでいます。

何が言いたいのかというと、今後は検索して文字を読むのではなく、動画を見て情報を得るようになる、と言うことです。

Youtubeというとエンタメ要素が強いと思うかもしれませんが、実際にブログで書くようなノウハウや専門的な知識を提供しているものが増えてきています。

じゃあ検索エンジンはなくなるのか?と突っ込まれるかもしれませんが、そうではありません。

検索エンジンは音声で検索され、自分が欲しいコンテンツ(文章)をAIが読んでくれるようになっていきます。

ここまで来ると、個人のブログは有名人か専門家か、もしくはよほどブランディングされ信頼性のあるコンテンツしか必要とされなくなります。

努力と結果は比例しない――などと言いますが、ブログで稼ごうと思っているのであれば、動画を作って収益に繋げる方が早いかもしれません。

-特別寄稿コラム

Copyright© もぎゅっと革命 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.