超電子な世界にもぎたての果実を

もぎゅっと革命

芸能ニュースを勉強

加藤浩次と松本人志、辞めるのはどっち?宮迫会見の感想も

投稿日:

宮迫会見から数日たちました。まあ色々とツッコミどころはありますが…

ネットでは加藤浩次と松本人志、 辞めるのはどっちか? との議論が過熱しています。

なぜなら二人とも、ある条件をもとに吉本興業を退社すると、番組で発言していたからです。

スポンサーリンク

加藤浩次と松本人志、辞めるのはどっち?

宮迫博之さんと田村亮さんの謝罪会見は色々と波紋を呼びましたね。

 さらに7月22日午後2時~吉本興業の岡本社長も会見。 

それに関連して極楽とんぼの加藤浩次さん、そしてダウンタウンの松っちゃんの進退が問題になっています。

どちらも大好きなので、どっちも辞めてほしくはないんですけど。。

加藤浩次がスッキリで激怒

加藤浩次さんは自身がMCを務める番組『スッキリ』で怒りを露わに。

さすがにチョット驚きました。

 生放送中に「この状況が変わらないなら退社します」と発言したんです。 

「(大崎会長は)松本さんとずっとやってきて同志だと思う。その気持ちはすごくわかる。でも松本さん!僕は後輩ながら言わしていただきますけど、会社のトップなんです。みんなつらい思いをしていて、トップが責任取れない会社って機能してるのかなと思うんです」

加藤浩次 会長慕う松本人志に魂の訴え「トップが責任取れない会社って機能してるのか」

この発言に対しSNSでは「よくぞ言った!男だ加藤!」「カッコイイ。保身じゃなくてメスを入れてくれた」との意見が溢れてました。

社会問題とかでもそうですけど、テレビ局の言いなりにならないというか、芯を持って自らの意見を述べる姿は男らしいと思ってました。

 さすが狂犬ですよね。 

現在は長男と長女、次女と嫁の五人家族。数億円の豪邸に住んでいるそうですが、まだまだ子供の教育費がかかる一家の大黒柱。

スッキリを始めラジオやレギュラー番組も多いですし、他の芸能人からもMCとしての評価が高いようです。

もし仮に事務所を退社しても、他の事務所が手を差し伸べ、十分に生活していけると思われます。

加藤浩次さんが、先輩(松本人志さん)に意見するようで申し訳ないけど、と前置きしたのは、ある理由があったようです。

松本人志もワイドナショーで発言

実は一足先に、松っちゃんも自らの進退についてコメントしていたんです。

宮迫博之さんの謝罪会見を受け、フジテレビのワイドナショーは急遽生放送で特集が組まれました。

 吉本興業の岡本昭彦社長に対しては「言葉遣いが横暴」と突き放すような発言もありましたが、大崎洋会長に関しては別の思いが。。 

大崎会長が「これ以上騒動が大きくなるようであれば、進退を考えなければいけない」と話したことも明かしたが、松本は「それは僕は全力で止めます。大崎さんがいなかったら僕も辞めるので。うちの兄貴なんで。大崎さんがいなくなったら僕は(吉本を)辞めますね」と言い切った。

松本人志、大崎会長が「いなくなったら僕は辞める」

えっ、会社のトップが責任を取って辞任したら、自分も辞めるってこと?どゆこと??

不思議に思って色々と調べてみると、 二人のただならぬ関係 が見えてきました。

ちなみに松ちゃんは、天下のダウンタウン。

クレイジージャーニーや松本家の休日などの番組も持ってますが、何より『お笑い界の権力者』みたいな感じですね。

明石家さんまさんやビートたけしさんとはまた違う立場。もし事務所を退社しても、誰も彼を潰せないと思います。

松本人志と大崎会長の関係とは

一言で言うと、大崎洋会長は松本さんの恩師であり、育ての親。

現在の会長でもある大崎洋さんは、昔は松っちゃんのマネージャーだったそうです。

 マネージャーと言っても兄貴分のような存在で、無名だったダウンタウンをここまで育てた恩師でもあり、信頼関係もあるようです。 

1980年代、まだ松本が20歳頃、松本も大崎も仕事が無く、ヒマをもてあました2人で映画館や銭湯等によく行っていた。ある日、大崎が広いスポーツジムの25メートルプールで突然「俺が端から端まで息継ぎせんと泳げたら、これから先お前がどんだけ売れても、俺の言うこと1つだけ聞いてくれ」と言った。お互いこの業界で成功しそうにないと思っていた松本は「いいですけど」と答え、大崎は本当に潜水してみせた。

その20年後、本当に売れた松本は「1つだけって、なに言われるんやろ? 断ったろ思ってんねんけど」とネタにする。しかし更にその後に松本が頑として首を縦に振らなかった出来事があった時に「あのときのプールの約束、今使うわ」と大崎が言うと松本は「こんなときにですか…」と言いつつ「わかりました」と苦笑しながら了承した。

ウィキペディア(Wikipedia)大崎洋

闇営業やブラック契約など評判がよろしくない吉本興業ですが、ここまで巨大になったのは、二人がいたからかもしれませんね。

しかし、過去のインタビューではこんな一面も。

インタビューの中で大崎会長は、芸人が「最初のギャラが250円だった」と発言していたことを引き合いに出し、

〈プロとして舞台に立ったんだから、1円でも払ってあげようという意味での250円。250円もらえてよかったなと、ぼくは思う〉

〈月に30万円払ってやるからがんばれよ、というやり方は、本当の芸人を育てるやり方とは思えない。吉本のいまのやり方を、変えるつもりはありません〉

吉本興業・大崎会長「いまのやり方変えない」発言に人気芸人も反発

確かに言いたいことは分かりますが…

働き方改革もビックリな、ブラック企業ですよね。

また、暴力団との関係で島田紳助さんが引退したことで、事実上「吉本を牛耳っているのは松本だ」なんて意見も聞こえてくるそうです。

元マネージャーという関係もあり、今の会長や社長に意見を言える人は他にいないのかも…(;´Д`)

辞めるのはどっち?と問われれば、現状から言えば必ずどちらかが退社することになる可能性が高そうです。

岡本昭彦社長の会見内容次第ですが、責任を取って会長が辞任すれば松本人志さんは辞める、保身に走って言い訳をするだけなら加藤浩次さんが辞める。。

いずれにせよ、ただ事ではない展開ですね。

ですが、松本さんが仲裁に入ることで吉本が和解の動きを見せているとの報道もあります。

このため、宮迫博之さんや田村亮さんも含め、「誰も辞めない」という選択肢も出てきました。

ただ個人的には、そんな綺麗ごとでは済まされない気がします。

宮迫会見の感想とまとめ

もうね、感想をズバッと言います。

あの宮迫会見、すごく演技臭かったです。(;´Д`)

とくに宮迫博之さん。なんか結局は「吉本興業が悪い」みたいな言い訳してるようにしか聞こえなくて、少し残念な気持ちになりました。

逆に亮さんは、本当に謝罪したかったんだなとの気持ちが伝わってきました。別に涙を見せたからとかではなく、謝りたい人間の姿って、ああいうもんだよな~って率直に思いました。

もちろん謝罪会見について、ネットでも賛否両論あります。

亮が言っていた、
「以前に吉本のイベントの協賛会社だったから、問題ないと思って出席した。」
この発言はかなり重要。これが事実なら、相手が反社勢力と吉本側も知っていたという事実。
そうでなければ、初めの段階での会見を開かせず、静観しようなどと態度はとらない。

それを踏まえて考えれば、宮迫側と吉本側、ともにかなり悪どい。
簡単にどちらが悪いとかではなく、両者とも裁かれるべき事案。

吉本興業は昔から、ヤ〇ザとの関りも噂されてますよね。

ブラックすぎる吉本興業

サラリーマンも腰が抜けるくらいのブラック企業、吉本。

何よりも「逆らうやつは排除する」という体質が恐ろしすぎます。芸人との契約や給与面でも問題はありますが、本質はココ。

加藤浩次さんもスッキリで「若手芸人たちは、会長や社長を怖がっている」と話してましたね。つまり、問題があると。

生放送でそれを言うのはどれだけの勇気が必要だったか…番組降板や、下手すれば事務所解約になるかもしれない発言です。

パワハラや「クビにするぞ」などの圧力は批判されるべきものですが、宮迫さんと亮さんの罪が薄れるわけではありません。

話しの本筋がズレては、いけないと思います。

しかし吉本興業の株主がTV局とは…最近のジャニーズ事務所の事と言い、芸能界の構図が世間に暴露されてきましたね。

スポンサーリンク

-芸能ニュースを勉強

Copyright© もぎゅっと革命 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.