超電子な世界にもぎたての果実を

もぎゅっと革命

経済のお部屋

消費税10%はいつから?誰が決定するの?って話

投稿日:

ガチでやめてほしい、消費税10%への増税。

そもそも消費税10%はいつからなの?って疑問と、いったい誰が決定するんだろうか…というお話です。まさかAIじゃあるまいし。。

消費税10%はいつから?

世間では新元号『令和』ムードが漂ってますね。

このまま景気も右肩上がりで…ってそんなワケないので、今回は消費税10%はいつからスタートするのか調べてみました。

どうやら、2019年の10月1日(令和元年)から始まる予定とのこと。この『予定』ってのが気に食わないんですよね~、じゃあ延期や中止の可能性もあるって事?みたいな(;´Д`)。

さらにこれまで度々延期されてきた経緯もあり、予定通りに増税できるかは微妙なラインみたいです、はい。ってかそんな重要なこと、誰が決定してるんでしょうね?

消費税10%は誰が決定するの?

税金の事だから国税庁が景気の調査とかして増税を決めるのでは…と思いきや、最終的な決定は安倍首相のようです。まあ当然と言えば当然ですが。

消費税8%から10%になれば、心理的なダメージが大きいです。8%って何だか計算しずらい印象があったんですよね、電卓使わないと分からないし、ある意味ごまかされてたみたいな。。

でも消費税10%って言ったら明白。1000円のパジャマ買ったら100円の消費税!!( ;∀;)。そう、10分の1なので暗算ってパパッて計算出来ちゃいます。

なんとなく高くなったような気もしますし、絶対に日本経済も悲惨な目に合うと断言できます!!(根拠はありませんが)。最終的な判断をする安倍総理へ、できれば延期…いや中止にしてください!!

安倍政権 VS 財務省の構図

そもそもの疑問として、増税ってまず誰が最初に言い出すんだろう?って思ってました。いったい誰のとくになるのかって。

それを考えた結果、どうやら財務省が怪しそうです。元大蔵官僚で経済学者でもある高橋洋一さんによると「財務省に騙されるな」とのこと。

増税するために財務省が出したデータが胡散臭くて、信用できないそうです。還付制度が~~とか、消費者物価が~~とか色々と難しい事を言ってますが、要は「消費税10%にしても影響は微々たるものですよ」ってことらしい…

そんなわけないですよね!!!!!!!!!!!!

安倍首相も過去の増税で財務省に騙され、景気の落ち込みで痛い目を見たとのことです。今度は騙されないと財務省と戦っているようですが、そもそも財務省は何のために、どうしてそこまでして増税したいんでしょうか?

選挙対策に利用するのでは?

消費税10%への内訳は、社会保障や福祉などの対策に充てるとなっています。

しかし一部では「解散総選挙に打って出て、消費税の見送りで支持を得る」と考えているとの噂も。これは増税延期をエサにして選挙に当選するってシナリオですかね~?

実際に安倍晋三首相は、戦後で最も長い期間の首相まであと少しとなりました。マスコミは相変わらずアベノミクス批判ばかりですが、庶民にとっては給料が上がることが一番、そして税金が安くなればなお良し。

お金に困らない生活は、夢のまた夢ですね。本日は消費税10%はいつから?誰が決定するの?って話でした。

-経済のお部屋

Copyright© もぎゅっと革命 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.