超電子な世界にもぎたての果実を

もぎゅっと革命

子育てと家族

小学生のお小遣いはいくら?お手伝いがダメな理由

投稿日:

「ねえ、お小遣いちょうだい!友達はもっともらってるのに!」

と小学生の子供からの訴え。。。みなさん、お小遣いっていくらぐらいあげてますか?もしかして、お手伝いの報酬としてあげてる方とかいませんよね?

小学生のお小遣いは

これは我が家の子供が小学生だった頃のお話です。

小学生って、色々と大変ですよね。低学年はまだまだ泣くし、言う事も聞かない。高学年になるとスマホが欲しいだのゲームが欲しいだの…

いったいいくらお金がかかるんだ!!っていう親の叫び。でも子供たちはそんな苦労も知らず「あれ欲しい~~」ばかりの毎日。お母さん、疲れてませんか?

我が家の場合は最初、学年が上がるごとに少しずつアップしていくというスタイルをとってました。

小学校1年生は月に300円、2年生は400円、3年生になると500円に、そして6年生になったら1000円に…みたいな感じです。まあほとんどの使い道はお菓子だったワケですが、実は色々と問題が起きまして。。。

必要に応じてあげる

「明日は友達とプールに行く」「みんなでお菓子パーティーするの」「〇〇ちゃんがね、一緒にマック行こうって」などなど、色んな請求がやってきます。

というか小学生の子供だけでマックなんて!!( ;∀;) トンデモないと思いましたが「みんな行ってるよ」「当たり前だよ」と返す息子や娘。まあ、時代も進んだものですねホント。

そんなワケで結局、毎月のお小遣いとは別にお金を渡さないといけなくなるんですね。これは仕方ないことだと思いながらも、どうにかならんかなと。

そこで色々と家族会議をし、頭を絞り出して考え出したのが「お手伝い」作戦(意外と普通)。つまりお手伝いに応じてお小遣いを渡すってヤツです。

お手伝い作戦は失敗

結論から言うと、お手伝い作戦は失敗しました。

お風呂掃除で100円、お皿洗いで100円、肩たたきで100円みたいな感じで、何かをやってくれた対価としてお小遣いを渡すようにしたんですが、成功したかのように見えたのは最初だけだったのです。

始めは自ら進んでお手伝いをしてくれるようになり(そりゃそうか)、そうそう、お父さんもお母さんも働いてお金を稼いでいるんだよと内心で思いつつ、報酬としてお小遣いをあげるのはダメな事じゃない!と言い聞かせてました。

しかし…それが当たり前になってくると、お金なしには動かなくなっていったんです。

「〇〇ちゃん、そこ片づけてくれる?」⇒反応なし。「〇〇ちゃん、そのお皿持ってきてくれる?」⇒反応なし。「もう、なんでいう事を聞かないの?」

子供が放った言葉は「いくらもらえるの?」「これもお手伝い?お金もらえるならやる!!」

オーマイガッ(;´Д`)。なーんてコッタイ。

何がお手伝いで、何が当然やるべきことなのかしっかり言い聞かせなかったのも悪いんですが…ともかく作戦は失敗。こりゃイカンと振り出しに戻ったワケです。

結局はその家庭次第

なんだかんだ言って、結局はその家庭次第だと思います。

我が家の場合は毎月のお小遣い制に戻りましたが、中には必要な時に渡すので、小学生にお小遣いなんて必要ない、っていう意見もあるかと思います。

また子供の教育として、お手伝いなど何かを行った報酬として金銭を受け取るという感覚を身に付けさせたいという考え方も存在します。

何が正しいなんてものはないと思いますし、家族で話し合い、家庭に適したやり方でいいですよね。よそはよそ、ウチはウチです。

-子育てと家族

Copyright© もぎゅっと革命 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.